会社案内

社長挨拶

AM(3Dプリンター)技術で夢を拓く

今や3Dプリンターとして知られるAdditive Manufacturing (AM, 3Dプリンティング)技術の原点は、小玉秀男氏の1980年の特許出願です。
さて、私がAM技術の原点である光造形法と出会ったのは、三菱商事に勤務していた1986年でした。
そして、翌年の1987年にはAM装置の開発と事業化に着手していました。
その後、光造形装置メーカーのシーメット社や光造形産業協会(現RP産業協会)を設立したり、理化学研究所で装置の開発を行ったりと一貫してAM技術の開発・普及と事業化に携わって参りました。

その私が注目していたのがSelective Laser Sintering(SLS)技術です。
テキサス大学で開発されたSLS技術は、樹脂・金属の粉末を溶融・焼結させて造形する技術で、最終製品と同じ材料を用いることができます。
今日、SLS技術はPowder Bed Fusion(PBF, 粉末床溶融結合)技術と呼ばれています。

私は1996年に三菱商事を退社し、同年11月18日に当社アスペクトを設立しましたが、上述のPBF装置を製品化したDTM社(テキサス大学により設立された会社)の販売権を獲得し、同技術の普及に努めてきました。
その後、当社は2006年に日本版装置SEMpliceシリーズの製品化を行いました。
また、経産省や文科省の支援を得て、積層や造形技術の基礎研究や製品向上の研究開発を実施し、精度と生産性を大幅に向上させたRaFaElシリーズを2011年にリリースしました。

そして、このRaFaElで2012年東京都ベンチャー技術大賞を受賞することができました。

最近、当社はRaFaElⅡとスーパーエンプラ対応のRaFaElⅡ-HTをリリースしました。
RaFaElⅡとRaFaElⅡ-HTシリーズは、試作品製造のみならず最終製品を造形する装置を目指しています。
当社は、日本国内のAM技術そしてPBF技術の担い手として、これまで以上に材料開発や装置改良にチャレンジし、日本のAM技術の発展に貢献したいと思っています。

代表取締役社長 早野誠治

会社概要

会社名株式会社アスペクト
設立1996年11月18日
資本金3000万円
事業内容粉末床溶融結合装置RaFaEl開発・販売・保守
粉末樹脂材料開発・販売
AM装置を用いた受託造形サービス(モデリングサービス)
AM技術の用途開発や共同研究開発
ソフトウエア開発
役員代表取締役社長 早野 誠治
常務取締役   早野 眞奈美
取締役     早野 洸揮
取締役     須甲 信一
設備【粉末床溶融結合装置】
当社独自開発装置 RaFaEl、SEMplice

【CADおよびAM関連ソフトウェア】
CATIA V5
SolidWorks
Magics
PTC Creo Elements/Direct Modeling

【計測器類その他】
万能試験機(引張・圧縮) 衝撃試験機 メルトインデクサ
粉末水分率測定機 ブラスター ウェットブラスター 恒温槽
真空乾燥機 示差熱分析装置
取引金融機関商工組合中央金庫 本店営業部
日本政策金融公庫 立川支店
多摩信用金庫 中河原支店
きらぼし銀行 稲城市向陽台支店
みずほ銀行 麹町支店
三菱UFJ銀行 麹町中央支店
三井住友銀行  府中支店
所在地【 東京本社 】
住所:〒206-0802
東京都稲城市東長沼3104-1 稲城ガーデニア弐番館101
Googleマップで開く
TEL:042-370-7900
FAX:042-370-7901
ISO9001:2015認証取得済み

【 名古屋支店 】
住所:〒491-0912
愛知県一宮市新生2-5-14 シュロスオオノ101
Googleマップで開く
TEL:0586-44-1953
FAX:0586-44-1954

【 テクニカルセンター 】
住所:〒206-0025
東京都多摩市永山6-17-10
Googleマップで開く
TEL:042-310-2501
FAX:042-310-2502
ISO9001:2015認証取得済み
アクセスバス、電車をご利用の場合
京王永山駅、または小田急永山駅下車
永山駅バス停より10分 瓜生バス停下車 徒歩4分

会社沿革

2020年3月UL認証:E513172-積層造形用プラスチックのブルーカードを日本で初めて取得
2019年6月高温樹脂対応大型装置RaFaElⅡ550HTの出荷開始
2019年1月NCV(Nano Cellulose Vehicle)プロジェクトでNCフィラーPA粉末材料での造形技術開発
2018年10月平成30年度東京都功労者表彰「技術振興功労」受賞 早野誠治
2017年6月高温樹脂対応中型装置RaFaElⅡ300HTの出荷開始
2017年6月RaFaEl Ⅱplusシリーズ出荷開始
2017年4月文部科学省「戦略的創造研究推進事業」「先端的低炭素化技術開発(ALCA)」に参加
2017年2月企業価値認定授与
2016年10月勇気ある経営大賞優秀賞受賞
2016年2月高温樹脂対応小型装置RaFaElⅡ150HTの出荷開始
2015年8月RaFaElⅡシリーズの出荷開始
2015年6月金属粉末床溶融結合装置RaFaEl HV300Fデビュー
2014年12月富士技術センターを東京都多摩市の永山に移転、名称をテクニカルセンターとする
2014年10月内閣府「SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)/革新的設計生産技術」参加
2014年4月金属粉末3Dプリンタによる受託造形事業で東京都中小企業振興公社の助成採択
2013年4月粉末焼結積層造形技術による軽金属部品の直接製造技術の開発事業でNEDOの助成採択
2012年11月東京都ベンチャー技術大賞受賞
2011年6月RaFaElシリーズの出荷開始
2010年11月ニッポン新事業創出大賞特別賞受賞
金属粉末専用装置RaFaEl-HV 150の開発、チタン粉末焼結研究の開始
2010年7月NEDO「次世代素材等レーザー加工技術開発プロジェクト」に参加
2009年9月経済産業省「戦略的基盤技術高度化支援事業」に参加
2008年6月粉末床溶融結合装置SEMplice300の出荷開始
高精細加工研究とSEMplice150/300の開発開始
2007年6月文部科学省「都市エリア産学官連携促進事業(横浜内陸部エリア)に参加
2006年8月経済産業省「地域新生コンソーシアム研究開発事業」に参加
2006年12月国内初の粉末床溶融結合装置SEMplice550の出荷開始
2004年4月粉末床溶融結合装置SEMpliceの開発へ東京都中小企業振興公社の助成採択
2003年10月粉末床溶融結合装置SEMpliceの開発着手
2001年7月富士技術センターを開設
2001年2月東京都助成金でチタン粉末の焼結研究
1999年12月東京都ベンチャー100に選出
1999年1月名古屋支店開設
1998年12月ベンチャー育成法企業に認定
1996年11月株式会社アスペクト設立