ハイエンド3Dプリンターの開発・販売・保守・モデリングサービス

お知らせ

当社装置によるフッ素樹脂材料立体造形の提案が日刊工業新聞に取り上げられました

当社とダイキン工業株式会社様が共同研究を進めてきた、
世界初となる「粉末積層方式によるフッ素樹脂材料の立体造形」の提案が、
2020年2月13日付けの日刊工業新聞紙面に掲載されました。
ダイキン工業様が開発したフッ素樹脂材料「パーフルオロアルコキシ樹脂(PFA)」と
当社が開発したスーパーエンプラ対応装置の組み合わせにより、
これまで困難とされてきた3Dプリンタによるフッ素樹脂材料造形を実現しました。

記事の詳細は下記よりご確認ください。(外部サイトへリンク)
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00547708
※記事の閲覧には日刊工業新聞サイトへの会員登録が必要です。

  • 文字サイズ

ページの先頭へ